青汁の効果と効能(栄養成分)

脂質異常症(高脂血症)の予防について!脂質異常症(高脂血症)におすすめの青汁!

更新日:

脂質異常症とは、かつては高脂血症と呼ばれていた症状で、食べ過ぎや運動不足による肥満、喫煙などが原因の生活習慣病の1つです。

血液内の悪玉(LDL)コレステロールの値や、中性脂肪の値が高くなってしまう症状がみられます。

脂質異常症(高脂血症)の予防には、生活習慣を見直すことが重要で、食生活に青汁を取り入れるのも効果的です。

今回は、脂質異常症(高脂血症)の予防方法と、その対策におすすめの青汁をご紹介します。

脂質異常症(高脂血症)の基準は?

脂質異常症とは、中性脂肪やコレステロールなど、脂質代謝に異常をきたすことで、正常よりも血液中の値に異常が見られる状態をいいます。

脂質異常症は、動脈硬化を起こす危険があり、放置してしまうと脳梗塞や心筋梗塞など、動脈硬化性疾患を起こす原因となるのです。

そんな脂質異常症の診断基準は、以下の通りで、以下のいずれかに当てはまった場合を脂質異常症と診断されます。

  • LDLコレステロールが140mg/dl以上の「高LDLコレステロール血症」
  • HDLコレステロールが40mg/dl未満の「低HDLコレステロール血症」
  • 中性脂肪が150mg/dl以上の「高トリグリセライド血症 (高中性脂肪血症)」

総コレステロールの値は、あくまでも参考値として記載されるだけで、診断基準には含まれません。

2007年に診断基準が変わりました

以前は、脂質異常症のことを高脂血症と呼んでおり、総コレステロール、悪玉(LDL)コレステロール、中性脂肪のどれか1つでも高い場合か、善玉(HDL)コレステロールが低い場合を診断基準としていました。

しかし総コレステロールが高い人の中には、悪玉(LDL)コレステロールが正常で、善玉(HDL)コレステロールのみが高い場合もありました。

また善玉(HDL)コレステロールが低い場合のことを「高脂血症」と呼ぶのは適当ではないでしょう。

そこで日本動脈硬化学会が、2007年4月に診断名を「高脂血症」から「脂質異常症」に変更しガイドラインの改訂を行いました。

そのため、現在では総コレステロールの値は、脂質異常症の診断基準には含まれなくなったのです。

<参照:e-ヘルスネット 脂質異常症 / 高脂血症(ししついじょうしょう / こうしけつしょう) 厚生労働省

脂質異常症(高脂血症)を防ぐには?

脂質異常症(高脂血症)を防ぐためには、以下の3つの値を正常に保つことが大切です。

  • 悪玉(LDL)コレステロールの値
  • 善玉(HDL)コレステロールの値
  • 中性脂肪の値

それぞれの値を正常に保つ方法を、詳しく見ていきましょう。

悪玉(LDL)コレステロールの値を正常に保つ方法

悪玉(LDL)コレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを、身体全体へ届ける働きをしています。

悪玉と言われていますが、数値が通常の範囲内であれば問題はありません。

しかし現代人は、悪玉(LDL)コレステロールが高くなりやすいのです。

悪玉(LDL)コレステロールは、正常範囲の140mg/dl未満に保ちましょう。

そのためには、コレステロールの高い食品や、動物性脂肪を摂り過ぎないように注意して、食物繊維や、EPA/DHAを多く含む青魚などを食べて、食事でコレステロールを調節しましょう。

また、悪玉(LDL)コレステロールを酸化させないために、ビタミンCやビタミンE、β-カロテン、ポリフェノールなど、抗酸化作用が強い栄養素を多く含んでいる食品を摂るようにしてください。

悪玉(LDL)コレステロールが増えすぎると?

血液中に悪玉(LDL)コレステロールが増えすぎてしまうと、血管壁にたまります。

そこで活性酸素の影響を受けて酸化し、過酸化脂質に変化するのです。

それが蓄積していき血管が細くなることで血栓ができてしまうと、動脈硬化が進行してしまい、心筋梗塞や狭心症・脳梗塞などの動脈硬化性疾患を起こす原因となります。

ですので、悪玉(LDL)コレステロールを通常の値に保つことが大切です。

また、高コレステロール血症となってしまったら、酸化させないように気をつけましょう。

<参照:e-ヘルスネット LDLコレステロール 厚生労働省

善玉(HDL)コレステロールの値を正常に保つ方法

善玉(HDL)コレステロールは、増えすぎてしまった余分なコレステロールを回収して、血管壁に溜まったコレステロールを取り除いて、肝臓に戻す働きをしているのです。

生活習慣が乱れると、悪玉(LDL)コレステロールが増えて、善玉(HDL)コレステロールは減ってしまいます。

悪玉(LDL)コレステロールを減らし、善玉(HDL)コレステロールを増やすためには、食生活を見直すことが大切です。

コレステロールの吸収を抑える働きのある大豆たんぱくを含んでいる、豆腐・納豆を摂るのも良いでしょう。

オレイン酸が豊富に含まれているオリーブ油を取るのも良いです。

また、アジやサンマなどの青背魚には、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)という不飽和脂肪酸が含まれており、善玉(HDL)コレステロールの値を下げずに、悪玉(LDL)コレステロールを減らしてくれます。

そして、運動不足や喫煙も、善玉(HDL)コレステロールを減らす原因となりますので、適度な運動をし、禁煙をすると良いでしょう。

善玉(HDL)コレステロールが減ってしまうと?

善玉(HDL)コレステロールの値が通常の値よりも下がってしまうと、血液中の余分なコレステロールを回収できなくなるので、動脈硬化が進んでしまいます。

動脈硬化を起こさないためには、悪玉(LDL)コレステロールと善玉(HDL)コレステロールのバランスが大切なのです。

<参照:e-ヘルスネット HDLコレステロール 厚生労働省

中性脂肪の値を正常に保つ方法

中性脂肪とは、肉や魚、食用油など食品に含まれている脂質や、体脂肪のほとんどを占めている物質で、単に脂肪とも呼ばれています。

血液中の中性脂肪の値は、150mg/dl未満に保ちましょう。

食事を改善し、運動をして体重を減らすことで、中性脂肪は下げられます

食事の改善としては、カロリーの摂りすぎに注意し、甘いものを取りすぎないようにする、またお酒の飲み過ぎもいけません

油物と炭水化物も摂りすぎないようにしてください

中性脂肪の値が高い人には、砂糖の入っているジュースを飲む習慣がある人が多いため、飲み物にも気を使いましょう

また、青魚は中性脂肪の値も下げてくれるのです。

中性脂肪が増えすぎると?

中性脂肪は、私たち人間や動物にとって、重要なエネルギー源で、脂溶性ビタミンや必須脂肪酸を摂取するために不可欠なものなのですが、摂りすぎると体脂肪として体に蓄えられていき肥満となり、生活習慣病を引き起こす原因となるのです。

中性脂肪を摂りすぎると、脂質異常症隣、インスリンの正常な分泌が妨げられたり、脂肪肝となり、動脈硬化が進んでしまいます。

メタボリックシンドロームとなって、様々な病気を引き起こしてしまいますので、中性脂肪は甘く見てはいけません。

早めの対策をとりましょう。

<参照:e-ヘルスネット 中性脂肪 / トリグリセリド(ちゅうせいしぼう)厚生労働省

<参照:e-ヘルスネット 脂質異常症 厚生労働省

脂質異常症(高脂血症)におすすめの青汁

脂質異常症(高脂血症)の対策にオススメな青汁は以下のようなものです。

  • 糖質の少ない青汁
  • 難消化性デキストリン入りの青汁
  • キトサン入りの青汁

これらは、どれも脂質異常症(高脂血症)に対して有効なのですが、3つのうちどれが良いのかは、ご自身の症状に合わせて選びましょう。

それぞれどのような効果があるのか、解説します。

糖質の少ない青汁

糖質は、体内に取り入れられるとエネルギーになるのですが、過剰に摂取してしまうと、エネルギーとして消費されなかった糖質が、中性脂肪となり蓄積されてしまうので、中性脂肪の気になる方は、糖質の少ない青汁を選ぶと良いでしょう。

ダイエット向けの糖質の少ない青汁は、市場に多く出回っています。

原材料表記をチェックして選びましょう。

中性脂肪を減らすためには、食生活を見直し、減量することが大切です。

しかし減量中は、栄養バランスが崩れてしまいがちなので、栄養成分が豊富でバランスの良い青汁は、ダイエットのサポートとしても良いでしょう。

<参照:e-ヘルスネット 炭水化物 / 糖質(たんすいかぶつ / とうしつ)厚生労働省

難消化性デキストリン入りの青汁

血糖値が気になる方には、難消化性デキストリン入りの青汁がおすすめです。

難消化性デキストリンとは、水溶性食物繊維の一種で以下のような効果があります。

  • 食後の血糖値とインスリン値の上昇を抑制する
  • 食後の中性脂肪の上昇を抑制する
  • 整腸作用

インスリンは、血液中の血糖の濃度をコントロールしています。

血液中の血糖濃度が上がると、インスリンの働きによって、糖質であるブドウ糖を中性脂肪に変え、脂肪細胞に蓄えるのです。

ですので、糖質を多く摂りすぎてしまうと、中性脂肪が増え、肥満となります。

難消化性デキストリンを摂ると、この血糖値の上昇とインスリンの値を抑制してくれるので、中性脂肪の上昇も抑制できます。

また、難消化性デキストリンには、整腸作用もあるので、スッキリを実感したいという方にもおすすめです。

<参照:e-ヘルスネット ブドウ糖(ぶどうとう)厚生労働省

キトサン入りの青汁

血中悪玉(LDL)コレステロール値が気になる方は、キトサン入りの青汁を選ぶと良いでしょう。

キトサンは、動物性食物繊維の一種で、蟹などの甲殻類の殻などに含まれているキチンという成分を加工して抽出したものです。

人間の体内では、コレステロールを原料とし、消化吸収を補う働きのある胆汁酸を生成します。

腸に分泌された胆汁酸は、ほとんどが体外に出されず、再び腸から吸収されて、肝臓に戻ってくるのです。

キトサンを摂ると、このコレステロールや胆汁酸に吸着して排出を促してくれるため、再び腸で吸収されるのを防いでくれます。

そうすると、排泄されたことで不足した胆汁酸を補うために、血液中から補充しようとするのですが、その際に血液中にあるLDL(悪玉)コレステロールから使われるので、血中LDL(悪玉)コレステロールを低下させることができるのです。

このようにしてキトサンは、血中コレステロール値の改善し、血圧上昇を抑制してくれます

<参照:チキン・キトサン利用技術 特許流通支援チャート

まとめ

  • 脂質異常症は、動脈硬化を起こす危険があり、放置してしまうと脳梗塞や心筋梗塞など、動脈硬化性疾患を起こす原因となる
  • 悪玉(LDL)コレステロール、善玉(HDL)コレステロール、中性脂肪、のどれか1つでも値に異常をきたしていた場合に、脂質異常症と診断される
  • 現在では、総コレステロールの値は、脂質異常症の診断基準には含まれなくなった(2007年にガイドライン改定)
  • 脂質異常症を防ぐには、悪玉(LDL)コレステロール、善玉(HDL)コレステロール、中性脂肪の値を正常に保つ
  • 悪玉(LDL)コレステロールの値を正常に保つには、コレステロールの高い食品や、動物性脂肪を摂り過ぎないように注意して、食物繊維や、EPA/DHAを多く含む青魚などを食べて、食事でコレステロールを調節する
  • 善玉(HDL)コレステロールを増やすには、食生活を見直して、特に豆腐・納豆、オリーブ油、アジやサンマなどの青背魚を積極的に摂り、運動と禁煙をすると良い
  • 食事を改善し(甘いもの、油物、炭水化物、カロリーに注意)、運動をして体重を減らすことで、中性脂肪は下げられる
  • 中性脂肪の気になる方は、糖質の少ない青汁
  • 血糖値が気になる方は、難消化性デキストリン入りの青汁
  • 血中悪玉(LDL)コレステロール値が気になる方は、キトサン入りの青汁

脂質異常症を改善するためには、食生活を改善し、積極的に運動をすることが大切です。

たばこを吸う習慣がある方は、禁煙をしましょう。

青汁を飲めば脂質異常症が改善されるわけではありません。

生活習慣を見直した上で、青汁を取り入れると、食生活改善のサポートとして役に立ちます。

その効果を厚生労働省から認められている、トクホの青汁も様々なメーカーから出ていますので、自分の健康状況に合った青汁を上手に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

\ シェアしてください /

青汁ランキング【記事】

本格おすすめフルーツ青汁ランキング 1

正直なところ、フルーツ青汁はどれを選んでも大差ないでしょう。 しかしあたりまえですが、全く一緒なわけ ...

おすすめ青汁ゼリーランキング 2

健康や美容に青汁はとても役立ちます。 しかしながら、今までの青汁飲料は苦くてまずいので続けることが困 ...

ステラの贅沢青汁 3

粒・錠剤タイプの青汁サプリは、野菜不足を手軽に補えるとして人気です。 青汁の味が苦手な方や、面倒くさ ...

生青汁の商品写真 4

ダイエットをしたい方におすすめの青汁は、酵素入りの青汁です。 そこで今回は、酵素入り青汁ランキングを ...

乳酸菌ミドリムシ 5

ユーグレナ(ミドリムシ)のパワーは世界中で話題沸騰中です。 しかし話題沸騰中だからこそ、ユーグレナ( ...

6

日々の野菜不足を効率的に補うためには、青汁が便利です。 しかしどうしても青汁が苦手だという人は、野菜 ...

-青汁の効果と効能(栄養成分)

Copyrighted Image

Copyright© ハロー!青汁 , 2018 AllRights Reserved.