青汁おすすめランキング

メタボリックシンドローム予防におすすめの青汁ランキング!難消化性デキストリン、キトサン、明日葉がポイント!

更新日:

メタボリックシンドロームの対策・予防には、適度な運動と、バランスの良い食事で、健康的に減量することが大切です。

しかし、忙しい方は毎日の栄養バランスを考えるのは、なかなか難しいでしょう。

そんなメタボ対策には、青汁を取り入れるのがおすすめです。

メタボの対策・予防に効く青汁は、いろいろなメーカーから出ていますので、ご自身の健康状態によって、配合されている成分を見て選びましょう。

今回は、メタボリックシンドローム予防におすすめの青汁ランキングをご紹介します。

メタボリックシンドローム予防におすすめの青汁ランキング

メタボリックシンドローム予防には、以下の3つの成分が有効です。

  • 難消化性デキストリン
  • キトサン
  • 明日葉

これらが配合されている青汁は、メタボ対策に役に立つのですが、それぞれの成分によって、作用が違います。

難消化性デキストリンは、整腸作用、食後血糖値の上昇抑制作用、総コレステロールや中性脂肪の濃度低下作用があり、体脂肪率が低下し、内臓脂肪面積が低下することがわかっています。

キトサンは、悪玉(LDL)コレステロールの値を低下させるのに役立つものです。

明日葉は、腹部脂肪面積の測定、身体測定、血液検査、尿検査などの試験によりメタボリックシンドロームの予防に有効であり、安全な食品ということがわかっています。

メタボリックシンドロームと言っても、血糖値が気になる方、悪玉(LDL)コレステロールが気になる方など、様々ですので、これから紹介するランキングを参考にしつつ自分の健康状態に合った成分が配合されている青汁を選んでください

メタボの原因と対策についての詳しい解説はこちら↓

メタボの原因と対策について!メタボリックシンドロームに青汁は効果があるの?

それでは、早速1位からの発表です。

1位 大正製薬ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>

大正製薬トクホ青汁

栄えある第1位は「大正製薬ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>」です。

まずは大正製薬ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>の特徴についてみていきましょう。

「大正製薬ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>」の特徴

  • 農薬不使用の有機大麦若葉
  • 難消化性デキストリン配合
  • 大手医薬品メーカーの大正製薬の製品
  • トクホの青汁
  • 抹茶のような飲みやすい味
  • 購入しやすい価格設定

大正製薬「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>」の主成分は、農薬不使用の有機大麦若葉です。

有機大麦若葉の粉末100gには、アスパラガスの約9.5倍のビタミンB2、小松菜の約6.5倍の葉酸、ほうれん草の約8.8倍の鉄分など、栄養成分がバランスよく含まれています。

また、糖の吸収を穏やかにする作用のある、水溶性食物繊維の難消化性デキストリンが配合されているため、食後の糖の吸収を穏やかにしてくれるのです。

また難消化性デキストリンには成長作用もあるので、お腹の調子を整えたい方にも良いでしょう。

大手医薬品メーカーの大正製薬の青汁で、トクホも取得しているので、安心感と信頼感があります。

値段とランニングコスト

  毎月お届けコース(30袋入り)
値段(税込) 4,104円
初回(税込) 1,080円
1日のランニングコスト 136円(初回 36円)
送料 無料
最低利用期間 なし

1位の理由

大正製薬「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>」は、難消化性デキストリンが配合されているので、メタボでも特に血糖値が気になる方におすすめな青汁です。

抹茶のような味で、飲みやすいので、毎日無理なく続けられるでしょう。

料金設定もお財布に優しく、定期コースには、最低利用回数の縛りがありません

トクホを取得している上に、鷲のマークで有名な大正製薬の製品ですし、いつでも解約することができますので、安心して購入しやすいでしょう。

初回は1,000円で購入できますので、血糖値対策をしたい方は、是非試してみてください。

大正製薬「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>」の詳しい解説はこちら↓

大正製薬「ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>」のレビューと魅力!血糖値が気になる方向けのトクホの青汁!

2位 「大正製薬ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>」

大正製薬トクホ青汁「キトサン」

続いて第2位は「大正製薬ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>」です。

特徴についてみてみましょう。

大正製薬「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>」の特徴

  • キトサン配合
  • 農薬不使用の有機大麦若葉
  • 大手医薬品メーカーの大正製薬の製品
  • トクホの青汁
  • 若干甘さのある飲みやすい味
  • 購入しやすい価格設定

大正製薬の「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>」は、キトサンが配合されているので、悪玉(LDL)コレステロールの吸収を抑えてくれます

1位の青汁と同じく大手医薬品メーカーの大正製薬の青汁ですので、その他の特徴は、1位とほぼ同じです。

農薬不使用の有機大麦若葉でバランスよく栄養成分を取れますし、トクホを取得していますので、その効果は厚生労働省に保証されています。

価格もお求めやすい料金設定です。

値段とランニングコスト

  毎月お届けコース(30袋入り)
値段(税込) 4,104円
初回(税込) 1,080円
1日のランニングコスト 136円(初回 36円)
送料 無料
最低利用期間 なし

2位の理由

大正製薬「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>」は、キトサンが配合されていますので、メタボでも特に、悪玉(LDL)コレステロールが気になる方におすすめ の青汁です。

キトサンの働きにより、通常よりも血中のコレステロールが活発に使割れるので、結果的に血中コレステロールの値が低下していきます。

味は、苦みや渋みが全くなく、若干甘さのある飲みやすさです。

コストパフォーマンスも良いので、身体検査などで血中悪玉(LDL)コレステロールを指摘された方は、キトサン配合の「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>」を、食事にうまく取り入れてみてください。

3位 サンスター健康道場「粉末青汁」

サンスター粉末青汁

続いて第3位は「サンスター健康道場「粉末青汁」です。

特徴は以下の通りです。

サンスター健康道場「粉末青汁」」の特徴

  • 明日葉を始めとする厳選された5種類の国産野菜をバランス良く配合
  • 1杯で野菜100g分の栄養素を摂れる
  • 無添加で安心安全
  • 粉末量が多い
  • 青汁らしい味

「サンスター健康道場「粉末青汁」には、ブロッコリー、ケール、モロヘイヤ、明日葉、大麦若葉という5種類の国産野菜がバランスよく配合されています。

1袋の粉末量が多いので、1袋で野菜100g分の栄養成分を摂ることができるのです。

現代人が不足している1日の野菜分を十分に補えます。

また原料は、厳選された国産野菜5種類のみとなっており、香料、着色料、甘味料、保存料、つなぎなどの添加物が一切使用されていないのも特徴です。

たくさんの青汁成分が配合されているので、栄養バランスに優れてはいるのですが、飲みやすい味ではありません。

苦味はないのですが青汁独特のクセがあります。

よく言いますと、野菜成分を摂っているぞっと実感できる味です。

値段とランニングコスト

  毎月お届けコース(30袋入り)
値段(税込) 4,374円
初回(税込) 4,374円
1日のランニングコスト 145円
送料 無料
最低利用期間 3ヶ月

3位の理由

「サンスター健康道場「粉末青汁」は、5種の国産野菜が配合されており、栄養成分は申し分ありません。

明日葉も配合されているので、メタボリックシンドローム対策にも役に立ちます。

添加物も一切使用されていないので、安全です。

しかし、栄養成分や安全性が充実している分、味が美味しくなく飲みにくいという欠点があります。

ですので、味ではなく健康のために青汁を飲むという、意識高く体質改善をしたい方におすすめです。

牛乳や、ジュースで割ると美味しく飲めて野菜を補うことができますが、メタボ改善に糖質を控えている方は、お湯や水で飲むことをお勧めします。

サンスター健康道場「粉末青汁」の詳しい解説はこちら↓

サンスター健康道場「粉末青汁」の魅力!国産野菜使用の王道青汁なら!

4位 トクホの青汁「ファイバー・イン」

ファイバー・イン パッケージ

続いて第4位は「トクホの青汁ファイバー・イン」です。

特徴についてみてみましょう。

「トクホの青汁ファイバー・イン」の特徴

  • 難消化性デキストリンを3袋中に5.1g含配合
  • 1日の目標量の約半分の食物繊維を補える
  • 主成分は九州・阿蘇産の有機大麦若葉
  • 甘めのお茶の様な味で飲みやすい
  • お値段設定が高い
  • トクホの青汁

トクホの青汁「ファイバー・イン」は、九州・阿蘇産の有機大麦若葉が主成分です。

現代人が不足しがちな栄養素である、カルシウムやビタミン、鉄などが有機大麦若葉には含まれています。

また、1日の摂取目安量である3袋を飲むと、難消化性デキストリンを5.1g含摂取することができるのです。

現代人の1日の食物繊維摂取目標量の約半分を補うことができます。

味は、甘めのお茶の様で飲みやすいでしょう。

しかしお値段設定がやや高く、毎月お届けコースの最低利用回数も4回と比較的長い継続縛りとなっています。

値段とランニングコスト

  毎月お届けコース(1箱12.9g×90袋入り) 毎月2箱お届けコース 毎月3箱お届けコース 毎月4箱お届けコース
値段(税込) 12,730円 24,120円 35,376円 45,560円
初回(税込) 12,730円 24,120円 35,376円 45,560円
1日のランニングコスト 424円 402円 393円 379円
送料 無料
最低利用期間 4回

4位の理由

トクホの青汁「ファイバー・イン」には、難消化性デキストリンがたっぷりと配合されていますので、食後の血糖値が気になる方にも、お腹の調子を整えたいという方にもおすすめです。

甘めのお茶の様な味で、飲みやすいため1日3袋の目安量を飲むのも苦にはならないでしょう。

お値段は高めです。

トクホの青汁ですので、信頼感はあります。

毎月お届けコースの最低利用回数が4回と比較的長めに設定されていますが、続けることでメタボリックシンドロームの予防と対策になりますので、購入するのならお得な定期コースが良いです。

まとめ

  • メタボリックシンドロームの予防と対策には、難消化性デキストリン、キトサン、明日葉などの成分が配合されている青汁が有効
  • 一括りにメタボと言えど、ご自身の健康状態によって、より気になる症状に効果のある成分が配合されている青汁を選ぶと良い
  • お腹の調子を整えたい、食後の血糖値が気になる方は、「大正製薬ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>」か、トクホの青汁「ファイバー・イン」
  • 悪玉(LDL)コレステロールが気になる方は、「大正製薬ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>」
  • 明日葉を摂って、腹部脂肪面積の改善を目指したい方は、「サンスター健康道場「粉末青汁」
  • トクホの青汁で、飲みやすさ重視の方は、「大正製薬ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>」トクホの青汁「ファイバー・イン」、「大正製薬ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>」
  • 味は二の次で、豊富な栄養成分を求めている方は、「サンスター健康道場「粉末青汁」
  • 定期コースの最低利用回数に縛りがないのは、大正製薬の「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <難消化性デキストリン>」「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>」

青汁は、配合されている成分によって作用が違ってきますので、自分のより改善したい症状に効果のあるものを選びましょう。

青汁は、メタボリックシンドロームの予防と対策に役立ちますが、それだけでメタボを改善できるわけではありません。

メタボの改善には、日々の食生活を見直し、適度な運動で減量することが最も大切です。

青汁はその手助けとして、毎日の食生活に取り入れましょう。

1杯飲んだからといって改善に役立つ訳ではないので、続けることが大切です。

スポンサーリンク

\ シェアしてください /

青汁ランキング【記事】

本格おすすめフルーツ青汁ランキング 1

正直なところ、フルーツ青汁はどれを選んでも大差ないでしょう。 しかしあたりまえですが、全く一緒なわけ ...

おすすめ青汁ゼリーランキング 2

健康や美容に青汁はとても役立ちます。 しかしながら、今までの青汁飲料は苦くてまずいので続けることが困 ...

ステラの贅沢青汁 3

粒・錠剤タイプの青汁サプリは、野菜不足を手軽に補えるとして人気です。 青汁の味が苦手な方や、面倒くさ ...

生青汁の商品写真 4

ダイエットをしたい方におすすめの青汁は、酵素入りの青汁です。 そこで今回は、酵素入り青汁ランキングを ...

乳酸菌ミドリムシ 5

ユーグレナ(ミドリムシ)のパワーは世界中で話題沸騰中です。 しかし話題沸騰中だからこそ、ユーグレナ( ...

6

日々の野菜不足を効率的に補うためには、青汁が便利です。 しかしどうしても青汁が苦手だという人は、野菜 ...

-青汁おすすめランキング

Copyrighted Image

Copyright© ハロー!青汁 , 2018 AllRights Reserved.