青汁おすすめランキング

子供におすすめの青汁ランキング!野菜嫌いな子供の栄養補給に!お菓子代わりにも!

更新日:

青汁は、野菜嫌いな子供の栄養を補うのにも役に立ちます。

青汁というとクセがあったり苦いというイメージがあるかもしれませんが、こどもでも美味しく摂れるように作られた青汁もあるのです。

この記事では、子供におすすめの青汁ランキングをご紹介します。

子供におすすめの青汁ランキング!

早速1位からの発表です。

1位 純藍「濃い 藍の青汁」

「濃い藍の青汁」の商品写真

第1位は純藍「濃い 藍の青汁」です。

特徴から見ていきましょう。

純藍「濃い 藍の青汁」の特徴

  • 藍配合
  • 乳糖果糖オリゴ糖配合
  • 3種の青汁成分配合

最大の特徴は青汁として珍しい「藍」です。

藍のなかに含まれる「純藍ポリフェノール」が内側から強さを引き出してくれます。

また「乳糖果糖オリゴ糖」も子供にとってはありがたいです。

「乳糖果糖オリゴ糖」が体内環境を整えてくれます。

さらに3種の青汁成分によって栄養も補うことができるでしょう。

定番の「大麦若葉」「桑の葉」「クマザサ」が配合されています。

価格とランニングコスト

  毎月お届け(3.5g30包)
価格(税込) 3,208円
初回(税込) 1,944円
1日のランニングコスト 約107円
送料 無料
最低利用期間 なし

1位の理由

乱れがちな体内環境を整えてくれるからです。

急なグルグルに心配することもなくなるでしょう。

子供にとって急なグルグルは天敵です。

藍パワーで、体内環境を整え快適な学校生活を送らせてあげましょう。 

濃い藍の青汁


ご購入はこちらから

藍の青汁

2位 スクスクのっぽくんの「こどもフルーツ青汁」

続いて第2位はスクスクのっぽくんの「こどもフルーツ青汁」です。

特徴についてみてみましょう。

スクスクのっぽくんの「こどもフルーツ青汁」の特徴

  • 14種の野菜と4種のフルーツ
  • しっかりと粉末状にした果物を配合
  • 140億個の乳酸菌とビフィズス菌を配合
  • カルシウムをたっぷりと配合

スクスクのっぽくんの「こどもフルーツ青汁」の主原料は14種の野菜と4種のフルーツです。

フルーツがが配合されている事で、フルーツジュース仕立てになっております。

大抵のフルーツ青汁はエキスでフルーツ感を演出しているものが多いのですが、スクスクのっぽくんの「こどもフルーツ青汁」は粉末状にした果物が配合されているのです。

さらに、EC-12という耐熱性に優れた乳酸菌が140億個も入っております。

ヨーグルトに換算すると14個分です。

その上、生きて腸まで届くビフィズス菌が配合されています。

ビフィズス菌は、赤ちゃんの健康を守る善玉菌としても知られているのです。

カルシウムもたっぷりと配合されており、1杯で140mg摂ることができます

値段とランニングコスト

定期便利用  2箱セット  お買い得セット(6箱+1箱プレゼント)  ファミリーセット(9箱+2箱プレゼント) 
初回の値段(税込) 6,797円  22,392円  34,089円
2回目以降 7,797円  23,392円  35,089円
割引率 毎回5%オフ、初回のみさらに1,000円引き
1杯あたりのランニングコスト(税込)  130円  111.4円 106.3円 
入数 60本/2箱 210本/7箱 330本/11箱
目安量  1日1〜3スティック
送料(税込)  無料
お届け周期  1〜8ヶ月

2位の理由

スクスクのっぽくんの「こどもフルーツ青汁」は、名前の通りフルーツジュースのように飲める青汁です。

ジュースを買うくらいでしたら、「こどもフルーツ青汁」を買った方が健康にも良くお得でしょう。

配合されている140億個の乳酸菌とビフィズス菌は、こどもの健康維持に役立ちます。

購入は定期便がお得です。

定期便ですと様々な特典があり、専用シェーカーと「すくトレBOOK」プレゼントがされます。

スクスクとこどもの成長をサポートしてくれる青汁です。

カルシウムも配合されているので、牛乳嫌いな子供にもおすすめです。

スクスクのっぽくんの「こどもフルーツ青汁」について詳しくは↓

スクスクのっぽくんの「こどもフルーツ青汁」の魅力!子どもの野菜不足解消ならこの青汁で決まり!

3位 「DHC 食べるよくばり青汁」バナナ味

食べるよくばり青汁バナナ

続いて第3位は「DHC 食べるよくばり青汁」バナナ味です。

特徴は以下の通りです。

「DHC 食べるよくばり青汁」バナナ味の特徴

  • おやつ感覚で食べることができる
  • 国産の大麦若葉エキス配合
  • 鮮度保持製法で加工
  • ガラクトオリゴ糖140mgと乳酸菌(フェカリスFK-23)400億個を配合
  • カルシウムとCBPをプラス配合

「DHC 食べるよくばり青汁」バナナ味はチュアブルタイプの青汁で、おやつ感覚でぽりぽりと食べることができます

水なしでどこでも食べれるので、外出先でも手軽に子供に与えることができるのです。

配合されている大麦若葉は、国内の契約農家で農薬を使わずに丁寧に育てられました

夜明けとともに収穫された大麦若葉を向上ですぐに洗浄し、鮮度を保ったまま搾汁する贅沢な鮮度保持製法で加工しています。

そんな大麦若葉エキス末が、300mg配合されているのです。

さらにスッキリにアプローチしてくれる、ガラクトオリゴ糖140mgと乳酸菌(フェカリスFK-23)400億個が配合されています。

カルシウムとCBPもプラス配合されており、1日5粒食べれば牛乳8L分のCBPを摂ることができます。

CBPとは牛乳から発見された濃縮乳清活性たんぱくのことで、カルシウムの働きをサポートしてくれる成分です。

値段とランニングコスト

  抹茶味 バナナ味
値段(税込) 718円 594円
初回(税込) 718円 594円
1日のランニングコスト 71円 59円
送料 500円
最低利用期間 3回以上

3位の理由

「DHC 食べるよくばり青汁」バナナ味は、口に入れるとバナナの風味が広がります。

軽く噛めば崩れてくれるため、小さな子供でも食べることができるでしょう。

手軽に青汁成分を取れるので、野菜不足が気になる子供のおやつに最適です。

DHCは大手メーカーですので製法にもこだわられており、安心して摂ることができます。

配合されているCBPはカルシウムの働きをサポートしてくれる成分ですので、成長期の子供にも良いでしょう。

子供のおやつには、健康的なものを与えたいという方におすすめです。

ちなみに「DHC 食べるよくばり青汁」には、抹茶味もあります。

「DHC 食べるよくばり青汁」について詳しくは↓

DHC「食べるよくばり青汁」のレビュー!バナナ味と抹茶味の2種類ある!

4位 「GREEN MILK(グリーンミルク)」

GREEN MILK パッケージ

続いて第4位は「GREEN MILK(グリーンミルク)」です。

特徴についてみてみましょう。

「GREEN MILK(グリーンミルク)」の特徴

  • 徹底した品質管理
  • 九州産の勇気大麦若葉を使用
  • 1杯で野菜不足を解消することができる
  • 食物繊維・ビタミン・ミネラル・カルシウム・DHA・EPA配合
  • 58種類の野菜酵素を配合

「GREEN MILK(グリーンミルク)」は、子供でも飲める青汁というコンセプトで作られました。

だからこそ徹底した品質管理がされています。

主原料は農薬不使用の国産100%素材です。

食物繊維の宝庫で、栄養が豊富な九州産有機大麦若葉が使われています。

添加物も一切使用されておりません

美容と健康に欠かせない食物繊維、ビタミン、ミネラルが配合されています。

さらに、育ち盛りの子供に欠かすことのできないカルシウム、DHA、EPAも配合されているのです。

カルシウムは牛乳3本分(650mg)を摂ることができます。

58種類の野菜酵素も配合されており、1日1包でたくさんの栄養を摂取することができます。

値段とランニングコスト

  毎月お届けコース(1箱150g(5g×30包))
値段(税込) 4,536円
初回(税込) 4,536円
1日のランニングコスト 151円
送料 無料
最低利用期間 なし

4位の理由

「GREEN MILK(グリーンミルク)」は家族全員が集まって共食を美味しく楽しめるようにと作られた青汁ですので、家族みんなで摂ることができます。

味は、後味が爽やかな抹茶ミルクといった感じです。

甘いので、小さな子供でも飲むことができます。

牛乳で割るとより甘く美味しいです。

水や牛乳、お好きな飲み物やお料理に溶かすだけでたくさんの栄養を摂取することができます。

DHA、EPAが配合されているのでお魚嫌いな子供にもおすすめです。

商品の梱包や発行管理までの全てを一社で行なっているので、信頼感もあります。

まとめ

  • 急なグルグルにお悩みの方は、 純藍「濃い 藍の青汁」
  • 牛乳嫌いな子供にはカルシウムがたっぷりと配合されている、スクスクのっぽくんの「こどもフルーツ青汁」
  • 子供のおやつには健康的なものを与えたいという方には、「DHC 食べるよくばり青汁」
  • お魚嫌いな子供にはDHA、EPAが配合されている、「GREEN MILK(グリーンミルク)」

子供向けの青汁といっても、様々なタイプの青汁があります。

お茶のように飲めるものからジュースのように飲めるもの、さらにはお菓子として摂ることができるものもあるのです。

青汁のタイプで選ぶのも良いですが配合されている成分も製品によって様々ですので、普段のお食事で足りてないかなと思う成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

もちろん青汁だけで必要な栄養素が摂れる訳ではありません。

毎日の食事バランスに気を使い、青汁はそのサポートとして利用してください。

スポンサーリンク

\ シェアしてください /

青汁ランキング【記事】

本格おすすめフルーツ青汁ランキング 1

正直なところ、フルーツ青汁はどれを選んでも大差ないでしょう。 しかしあたりまえですが、全く一緒なわけ ...

おすすめ青汁ゼリーランキング 2

健康や美容に青汁はとても役立ちます。 しかしながら、今までの青汁飲料は苦くてまずいので続けることが困 ...

ステラの贅沢青汁 3

粒・錠剤タイプの青汁サプリは、野菜不足を手軽に補えるとして人気です。 青汁の味が苦手な方や、面倒くさ ...

生青汁の商品写真 4

ダイエットをしたい方におすすめの青汁は、酵素入りの青汁です。 そこで今回は、酵素入り青汁ランキングを ...

乳酸菌ミドリムシ 5

ユーグレナ(ミドリムシ)のパワーは世界中で話題沸騰中です。 しかし話題沸騰中だからこそ、ユーグレナ( ...

6

日々の野菜不足を効率的に補うためには、青汁が便利です。 しかしどうしても青汁が苦手だという人は、野菜 ...

-青汁おすすめランキング

Copyrighted Image

Copyright© ハロー!青汁 , 2018 AllRights Reserved.