ゲスト寄稿

ずぼらさんでも大丈夫!成功と失敗から学ぶ、本当に続くダイエットの心構え4つ

投稿日:

Aojiru 4L

 

カレンダーにシールを貼り視覚化で達成感を得る

わたしは30日踏み台昇降を一時間するという予定を立てて実行したことがあります。

毎日踏み台昇降が終わると、カレンダーにシールを貼っていました。

シールが貯まると 同時に自分への信頼も貯まっていきます。

視覚化することで「昨日までの自分を裏切れないな」 との思いが湧いてくるのでなんとか続けることができました。

ご褒美は「何㎏やせたか」ではなく「何回ダイエット習慣を実行したか」で考える

ご褒美を設けるとモチベーションがあがっておすすめなのですが…

「5kgやせたら」というような体重の変化でご褒美を設けるより「ひと駅手前で降りて歩くのを30日間続けられたら」のように行動の数でご褒美を設ける方が楽しくダイエットを続けられます。

体重の変化を気にすると「いつになったら目標体重になるんだろう…?」と達成までの日にちがわからず心が疲弊してしまうからです。

絶食などの無茶なダイエットに手を出す可能性も出てきます。

その点、行動の数に目標を定めると達成までの道のりが明確で続けやすいのです。

そしてご褒美は食べ物ではなく「美」に関する体験か物がいいですね。

ハードルを思いっきり下げる

とはいえ目標を達成し終わったり仕事が忙しくなってきたら、だんだん運動や食事が適当になっていってしまいます。わたしも毎日1時間の踏み台昇降はハードルが高かったようです。

1日5分でいいからずっと続けることが大事だなと痛感しています。

そしてできない日があっても次の日リカバーすればOKとおおらかな気持ちでいることが大事ですね。

食事も手軽に栄養がとれるサバ缶や納豆を常備するなどの日々のハードルをさげることを考えて用意したいです。

SNSを記録代わりに使う

わたしは友達や一部の人だけ見られるようなSNSにダイエット記録を綴っていました。

たくさんの人が見ていると思うとプレッシャーですが、フォロワーがダイエットに関心がある人や友達だけだと気が楽です。

褒めてもらったり励ましてもらったりしてやる気をもらっていました。

ずぼらさんでも小さなことから一つずつ習慣化していけばきっとダイエット成功すると 信じています。

無理なく楽しくやせてスリムボディと健康と自信を手に入れましょう!!

いしいまき
食べるの大好きな30代おデブ漫画家。最近ダイエットで10kgやせたが 早くもリバウンドと戦っている。 著書に「ぽっちゃり女子のときめきDays 」「まんぷく福岡・九州」 漫画担当本に「どうしてもヤセられなかった人たちがおデブ習慣に気づいたらみるみる10kgやせました」 「まんがでわかる食べてうつぬけ」などがある。

スポンサーリンク

\ シェアしてください /

青汁ランキング【記事】

本格おすすめフルーツ青汁ランキング 1

正直なところ、フルーツ青汁はどれを選んでも大差ないでしょう。 しかしあたりまえですが、全く一緒なわけ ...

おすすめ青汁ゼリーランキング 2

健康や美容に青汁はとても役立ちます。 しかしながら、今までの青汁飲料は苦くてまずいので続けることが困 ...

ステラの贅沢青汁 3

粒・錠剤タイプの青汁サプリは、野菜不足を手軽に補えるとして人気です。 青汁の味が苦手な方や、面倒くさ ...

生青汁の商品写真 4

ダイエットをしたい方におすすめの青汁は、酵素入りの青汁です。 そこで今回は、酵素入り青汁ランキングを ...

乳酸菌ミドリムシ 5

ユーグレナ(ミドリムシ)のパワーは世界中で話題沸騰中です。 しかし話題沸騰中だからこそ、ユーグレナ( ...

6

日々の野菜不足を効率的に補うためには、青汁が便利です。 しかしどうしても青汁が苦手だという人は、野菜 ...

-ゲスト寄稿

Copyrighted Image

Copyright© ハロー!青汁 , 2018 AllRights Reserved.