青汁の効果と効能(栄養成分)

DHA・EPAの効果について!DHA・EPA入りの青汁で健康維持を目指そう!副作用は出血に注意!

更新日:

青魚に多く含まれ、健康維持のために大きく注目さてれいるサラサラ成分のDHA・EPA。

DHA・EPAは海中などの温度の低い場所でも体内で固まることなく、液状でサラりとした状態を保つという特性があります。

人間にとってもDHA・EPAは必須脂肪酸の一つとして必要不可欠です。

DHA・EPAを配合した青汁も多く発売されており、人気になっています。

今回はDHA・EPAの効果についてとDHA・EPA入りの青汁がおすすめの理由について解説していきましょう。

DHA・EPAの効果と効能

DHA・EPAの効果と効能は以下のようなものがあります。

  • 考える力をサポート
  • 中性脂肪値を下げる
  • 血液をサラサラにする

考える力をサポート

DHA・EPAは考える力をサポートします。

神経組織の発達を促し、脳の神経の発達には重要な栄養素です。

また認知症予防の効果にも期待がされています。

このように考える力をサポートする効果があるからこそ、妊娠中の方からご年配の方まで幅広くDHA・EPAはおすすめです。

<参考:日本人の健康的な食生活を支える水産物

<参考:(DHA)(EPA)の 生理機能 - J-Stage

中性脂肪値を下げる

 DHA・EPAには中性脂肪値を下げる働きがあります。

食事で摂取したエネルギーは、消費しきれず余ってしまうと肝臓や脂肪細胞に蓄えられます。

そしてそれが合成され、中性脂肪となるのです。

EPA・DHAは肝臓の中で脂質の脂肪産生を抑制し、脂肪酸を分解する働きをします。

そして、血管内の中性脂肪を分解する役割も果たし中性脂肪を減らすことができるのです。

<参考:日本人の健康的な食生活を支える水産物

<参考:(DHA)(EPA)の 生理機能 - J-Stage

血液をサラサラにする

青魚などに多く含まれるDHA・EPAは温度の低い海中などでも固まることがなく、サラサラの状態を保つという特性があります。

この特性から、DHA・EPAは血液をサラサラにするという効果を持っているのです。

<参考:日本人の健康的な食生活を支える水産物

<参考:(DHA)(EPA)の 生理機能 - J-Stage> 

DHA・EPAの目安量と摂取状況

次に、DHA・EPAの目安量と摂取状況について見ていきましょう。

目安量から解説していきます。

目安量

n-3系脂肪酸(DHA・EPA)の目安量/日   男性 女性 
18-29歳 2.1g以上 1.8g以上 
30-49歳 2.2g以上  1.8g以上 
50-69歳 2.4g以上  2.1g以上 
70歳以上 2.2g以上  1.8g以上 

DHA・EPAの摂取目安量は、性別・年齢で少し変化していきます。

<参考:脂質による健康影響:農林水産省

摂取状況

n-3系脂肪酸(DHA・EPA)の摂取状況/日   男性 女性 
20-29歳 2.3g 1.98g 
30-39歳 2.3g  1.85g 
40-49歳 2.42g  1.92g 
50-59歳 2.55g  2.06g 
60-69歳 2.68g  2.31g 
70歳以上 2.51g  2.13g 

国民健康・栄養調査によれば、目安量に達する量が摂取できていると言えるでしょう。

しかし、あくまでも平均値です。

普段魚が苦手であまり食べないという方などは、摂取状況に注意する必要があります。

<参考:平成27年国民健康・栄養調査結果の概要

DHA・EPAとは

そもそもDHA・EPAとは何なのでしょうか?

DHA・EPAは不飽和脂肪酸の一種のn-3系脂肪酸です。

これは、人間が体内で自ら作り出すことが出来ない必須脂肪酸なのです。

ですので、食事やサプリメントなどから補う必要があります。

DHAはドコサヘキサエン酸のことで、人間の脳や神経組織などの器官生成に大きく関わってくる成分です。

EPAはヘイコサペンタエン酸のことで、血栓の生成を防ぐサラサラ成分と呼ばれています。

このサラサラ成分によって脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に期待が持てるでしょう。 

DHA・EPA入りの青汁がおすすめの理由

普段魚をあまり好んで食べないという方にはDHA・EPA入りの青汁が大変おすすめです。

DHA・EPAは神経組織の発達を促したり、中性脂肪値を下げ血液をサラサラな状態に保ったりと様々なメリットがあります。

生活習慣病の予防にも繋がるのでとても重要な栄養素と言えるでしょう。

また妊娠中には胎盤を通して母親から赤ちゃんへDHA・EPAは送られ、赤ちゃんの発育にも大切な役割を果たします。

よって妊娠中や授乳中の方にも大変おすすめです。

DHA・EPAは人間が自ら生成することができない成分であるため、食事やサプリメントなどから補う必要があります。

ぜひDHA・EPA入りの青汁で健康維持を目指しましょう。

DHA・EPAの安全性と副作用について

DHA・EPAの安全性と副作用について説明していきます。

  • DHA・EPAは適量の摂取を
  • DHA・EPAの過剰摂取には注意
  • 水銀に関して
  • 副作用について

それぞれについて解説していきます。

DHA・EPAは適量の摂取を

DHA・EPAは適量であれば、特に問題はありません。

厚生労働省が目安用を設定していますので、それを目安に適量の摂取を心がけましょう。

DHA・EPAの過剰摂取には注意

DHA・EPAは血液をサラサラにする効果がありますが、過剰に摂取してしまうとサラサラの効果が強く出てしまいます。

よって、血が固まりにくく出血しやすくなってしまうのです。

1日3g以上のDHA・EPAの摂取は危険です。

米国FDAの限定的健康表示規格では1日2g以内を摂取の限度量と定めています。

水銀に関して

食物連鎖によって、微量のメチル水銀が一部の魚介類には含まれています。

多くのメーカーは水銀除去の工程を生産の過程で行っているのであまり気にしすぎる必要はありませんが、水銀除去済みの信頼できる商品を利用しましょう。

副作用について

DHA・EPAの副作用について、吐き気・鼻血・軟便・げっぷなどの報告があります。

特に出血に関しては、他の医薬品との相互作用などによってより顕著に表れる可能性もありますので注意が必要です。

まとめ

  • 考える力をサポートする
  • 中性脂肪値を下げ、生活習慣病の予防
  • 血液をサラサラにする
  • 副作用について注意が必要

DHA・EPAには様々な有用な効果があります。

人間の体には自らDHA・EPAを作り出す機能がありませんので、食事やサプリメントなどから摂取する必要があるのです。

ですので、DHA・EPA入りの青汁は非常におすすめができます。

また、過剰摂取には注意が必要ですので、毎日の摂取量には十分に注意するようにしましょう。

スポンサーリンク

\ シェアしてください /

青汁ランキング【記事】

本格おすすめフルーツ青汁ランキング 1

正直なところ、フルーツ青汁はどれを選んでも大差ないでしょう。 しかしあたりまえですが、全く一緒なわけ ...

おすすめ青汁ゼリーランキング 2

健康や美容に青汁はとても役立ちます。 しかしながら、今までの青汁飲料は苦くてまずいので続けることが困 ...

ステラの贅沢青汁 3

粒・錠剤タイプの青汁サプリは、野菜不足を手軽に補えるとして人気です。 青汁の味が苦手な方や、面倒くさ ...

生青汁の商品写真 4

ダイエットをしたい方におすすめの青汁は、酵素入りの青汁です。 そこで今回は、酵素入り青汁ランキングを ...

乳酸菌ミドリムシ 5

ユーグレナ(ミドリムシ)のパワーは世界中で話題沸騰中です。 しかし話題沸騰中だからこそ、ユーグレナ( ...

6

日々の野菜不足を効率的に補うためには、青汁が便利です。 しかしどうしても青汁が苦手だという人は、野菜 ...

-青汁の効果と効能(栄養成分)

Copyrighted Image

Copyright© ハロー!青汁 , 2018 AllRights Reserved.