青汁の効果と効能(栄養成分)

コレステロールを正常に保つ方法について!コレステロールが気になる方に効果的なのは食物繊維!キトサン入りの青汁がおすすめ!

更新日:

現代人は、悪玉(LDL)コレステロールの値が高くなりがちです。

健康診断で、コレステロール値が高いと言われてしまった方は早めに対策を行いましょう。

放置してしまうと、様々な病気を引き起こしてしまいます。

コレステロールを正常に保つには、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

コレステロール値の改善に役立つ青汁を摂り入れるのも良いでしょう。

今回はコレステロールを正常に保つ方法について解説します。

IMG 3076

コレステロールのベストな状態はバランスが大切

コレステロールと聞くと、悪いイメージがあります。

しかしコレステロールは私たちの細胞膜、ホルモン、胆汁酸を作る材料として必要不可欠なのです。

コレステロールにはLDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールの2種類存在します。

大切なのは、そのバランスです。

LDLはコレステロールを体に貯めるので悪玉、HDLはコレステロールを回収するので善玉と呼ばれています。

この2つのコレステロールのバランスが崩れてしまい、血液中にコレステロールが多くなりすぎてしまった状態を脂質異常症と呼びます。

逆にコレステロールが不足してしまうと、免疫力が低下してしまい、脳出血の危険が増えてしまうのです。

最近のアメリカでの疫学調査では、コレステロールが多くても少なくても、寿命が短縮してしまうという結果が出ています。

悪玉(LDL)コレステロールについて

悪玉(LDL)コレステロールは、通常の範囲内の数値であれば問題ありません。

しかし現代人は食生活の関係で、一般的に悪玉(LDL)コレステロールの値が高くなりやすくなっています。

  • 原因
  • 影響
  • 対策

そこで以上の3つから悪玉LDL)コレステロールについて解説していきましょう

悪玉(LDL)コレステロールが高くなってしまう原因は食事

悪玉(LDL)コレステロールが高くなってしまう原因は食事です。

現代人は、食事で飽和脂肪酸をとり過ぎてしまっています。

飽和脂肪酸とは、肉の脂身・バターやラード・生クリームなどに多く含まれているものです。

また食事中のコレステロールも、悪玉(LDL)コレステロール値を高くしてしまいます。

食事中のコレステロールは、タマゴの黄身や魚卵から摂取されるのです。

悪玉(LDL)コレステロールの値が高い人は、これらの食品を摂りすぎている傾向にあります。

悪玉(LDL)コレステロールの値が下がらないと動脈硬化を進行させる

悪玉(LDL)コレステロールの値が高いと、動脈硬化を進行させてしまいます。

血液中の悪玉(LDL)コレステロールの量が多くなってしまうと、余ったコレステロールが血管壁にくっつきます。

くっついた悪玉(LDL)コレステロールは、活性酸素の影響を受けて酸化し、過疎化脂質という状態になるのです。

これが蓄積されてしまうと血管が細くなってしまい血栓ができ、動脈硬化が進行する大きな原因となってしまいます。

動脈硬化は、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞など、様々な動脈硬化性疾患を引き起こす恐れがあるので、要注意です。

悪玉(LDL)コレステロールの値を下げる方法

悪玉(LDL)コレステロールが多く含まれる動物性脂質を摂りすぎない様に注意しましょう。

具体的には以下の様な食品に含まれています。

  • 肉の脂身(赤身ではなく、白い部分)
  • バター
  • ラード
  • 生クリーム
  • 卵の黄身
  • 魚の卵

これらの食品を摂りすぎてしまっている方は、なるべく控えるようにしましょう。

また、食事を工夫して悪玉(LDL)コレステロールを下げることも可能です。。

例えば豆腐や納豆などに含まれている大豆たんぱくは、コレステロールの吸収を抑えてくれます。

他にはオリーブ油、アジやサンマなどもおすすめです。

オリーブ油に含まれるオレイン酸と青魚に含まれるDHAやEPAも悪玉(LDL)コレステロールを減らしてくれます。

野菜を積極的に食べ、食物繊維を豊富に摂るのもいいでしょう。

このように悪玉(LDL)コレステロールの値は食事における影響がかなり大きいことがわかります。

善玉(HDL)コレステロールについて

体中の血管の壁にたまってしまった余分なコレステロールを肝臓に運ぶ働きをしているのが善玉(HDL)コレステロールです。

善玉(HDL)コレステロールの値は、メタボリックシンドロームの診断基準の項目に含まれています。

現代人は、悪玉(LDL)コレステロールの値は高くなりやすいのに対し、善玉(HDL)コレステロールの値は、低くなってしまいがちなのです。

  • 原因
  • 影響
  • 対策
以上の切り口から見ていきましょう。

善玉(HDL)コレステロールが低くなる原因は3つ

善玉(HDL)コレステロールの値が低くなる原因は以下のものが考えられます。

  • 肥満
  • 喫煙
  • 運動不足

内臓脂肪が増えてしまうと、血液中の中性脂肪が増加しHDLコレステロールが減少してしまいます。

善玉(HDL)コレステロールの値が上がらないと動脈硬化が起こる

善玉(HDL)コレステロールの値が上がらないと、余分なコレステロールを回収してもらえなくなるので動脈硬化が起こります

善玉(HDL)コレステロールは、動脈硬化を抑制する働きをしているので、値が低すぎるのは問題なのです。

善玉(HDL)コレステロールの値はどうすれば上がるの?

運動や減量、禁煙をすることによってHDLコレステロールを上昇させることができるでしょう。

また適度な飲酒も、HDLコレステロールを高くする働きがあります。

日本酒に換算すると、1日に1合程度の飲酒が良いでしょう。

しかしお酒が飲めない人は、無理に飲まないでください。

高血圧や肝障害の方は1合程度でも、悪化させてしまう可能性があるので飲酒はおすすめできません。

コレステロールが気になる方におすすめの青汁

青汁は悪玉(LDL)コレステロールの値を下げるのに、役に立つでしょう。

注目すべき成分は、食物繊維とキトサンです。

食物繊維 

食物繊維の積極的な摂取は、血中の悪玉(LDL)コレステロールを下げてくれます。

青汁には食物繊維が豊富に含まれているので、悪玉(LDL)コレステロールの値を下げるサポートができるでしょう。

なかでも、動物性食物繊維の「キトサン」が配合されている青汁がおすすめです。

「キトサン」は、悪玉(LDL)コレステロールの値が高めの人に対しての有効性が、特定保健用食品の審査で認められています。

キトサン

キトサンは動物性食物繊維の一種で、自然由来の成分です。

蟹のような甲殻類の殻に含まれているキチンという成分を加工して得られます。

通常ですと人はコレステロールを原料として消化吸収を補う胆汁酸を生成し、腸に分泌します。

分泌された胆汁酸は、ほとんどが体外に出されずに、再び腸で吸収され肝臓に戻るのです。

キトサンはコレステロールや胆汁酸が腸で再び吸収されないように、吸着し排出を促してくれます。

胆汁酸やコレステロールが不足すると今度は、血液中から補充するようになります。

この時、血液中の悪玉(LDL)コレステロールが優先的に使われるので、結果的に血中悪玉(LDL)コレステロールの値を低下させることができるのです。

悪玉(LDL)コレステロールの値が気になる方は、「キトサン」が配合されているトクホ(特定保健用食品)の青汁を、うまく取り入れてみるといいでしょう。

まとめ

  • 血液中にコレステロールが多くなりすぎてしまった状態を、脂質異常症という
  • コレステロールが不足してしまうと、免疫力が低下してしまい、脳出血の危険が増えてしまう
  • コレステロールが多くても少なくても、寿命が短縮してしまう恐れがある
  • 肝臓のコレステロールを、体全体に届ける働きをしているのが悪玉LDL)コレステロール
  • 悪玉(LDL)コレステロールの値が高いと、動脈硬化を進行させてしまい、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞など、様々な動脈硬化性疾患を引き起こす恐れがある
  • 悪玉(LDL)コレステロールが多く含まれる動物性脂質を摂りすぎない様に注意する
  • 内臓脂肪が増えてしまうと、血液中の中性脂肪が増加し、善玉(HDL)コレステロールが減少してしまう
  • 善玉(HDL)コレステロールの値が上がらないと、余分なコレステロールを回収してもらえなくなるので、動脈硬化が起こる
  • 運動をしたり減量、禁煙をすることによってHDLコレステロールを上昇させることができる
  • 悪玉(LDL)コレステロールの値が気になる方は、「キトサン」が配合されているトクホ(特定保健用食品)の青汁がオススメ

健康的な毎日を送るには、このように悪玉(LDL)と善玉(HDL)の2種類のコレステロールのバランスは、とっても大切なのです。

一般的に取りすぎてしまいやすい動物性脂質の食品をなるべく控えて、HDLコレステロールを増やす効果のある青魚を摂る様にしましょう。

またコレステロールを減らす効果のある、植物性脂質をバランス良く取るのも大切です。

大きな病気にならないためにも、適度な運動も心がけましょう。

その上でキトサン入りのトクホの青汁を補助的に活用すれば完璧です。

スポンサーリンク

\ シェアしてください /

青汁ランキング【記事】

本格おすすめフルーツ青汁ランキング 1

正直なところ、フルーツ青汁はどれを選んでも大差ないでしょう。 しかしあたりまえですが、全く一緒なわけ ...

おすすめ青汁ゼリーランキング 2

健康や美容に青汁はとても役立ちます。 しかしながら、今までの青汁飲料は苦くてまずいので続けることが困 ...

ステラの贅沢青汁 3

粒・錠剤タイプの青汁サプリは、野菜不足を手軽に補えるとして人気です。 青汁の味が苦手な方や、面倒くさ ...

生青汁の商品写真 4

ダイエットをしたい方におすすめの青汁は、酵素入りの青汁です。 そこで今回は、酵素入り青汁ランキングを ...

乳酸菌ミドリムシ 5

ユーグレナ(ミドリムシ)のパワーは世界中で話題沸騰中です。 しかし話題沸騰中だからこそ、ユーグレナ( ...

6

日々の野菜不足を効率的に補うためには、青汁が便利です。 しかしどうしても青汁が苦手だという人は、野菜 ...

-青汁の効果と効能(栄養成分)

Copyrighted Image

Copyright© ハロー!青汁 , 2018 AllRights Reserved.