青汁おすすめランキング

大手メーカーの安心青汁ランキング!人気メーカーの信頼できる青汁を選ぼう!

更新日:

昨今の青汁ブームにより、様々なメーカーが青汁を販売しております。

健康のために飲むものですので、メーカーに信頼がおけるかどうかは大切なポイントでしょう。

安心して摂るためには配合されている素材がどのように育てられたのか、また製品の加工過程も重要です。

今回は、大手メーカーの安心青汁ランキングをご紹介します。

大手メーカーの安心青汁ランキング

早速1位からの発表です。

1位 キューサイ

キューサイ畑の青汁パッケージ

栄えある第1位はキューサイです。

まずはキューサイの特徴についてみていきましょう。

「キューサイ」の特徴

  • 化学肥料が一切使われていない
  • キューサイの畑は土にこだわられている
  • 手作りの苗にこだわられている
  • 手間と時間をかけて大切に育てている
  • キューサイ分析研究所でチェックされている

キューサイの青汁といえば「まずい!もう一杯」というCMで有名です。

苦くて癖のある王道の青汁もありますが、随分と飲みやすい青汁も出ていてます。

かつては年寄り臭いイメージのあったキューサイの青汁ですが、お子さんからご年配の方まで広く愛用されるようになりました。

キューサイ青汁の主原料はケールです。

ケールの力は土で決まります。

キューサイの畑では土に化学肥料が使われていません

またケールを種まきの段階から自社育苗センターで育てているのです。

キューサイの契約農家では草取りや虫取り、収穫は手作業で行われています。

キューサイ分析研究所では、周りの畑からの飛散農薬の影響がないか徹底的に調べられているので安心できるでしょう。

キューサイ分析研究所は、厚生労働省登録機関とされていますので信頼もおけます。

キューサイのおすすめ青汁

キューサイ畑の青汁 個包装

キューサイのおすすめ青汁は「畑の青汁」です。

手摘みされた国産ケール100%でできており、余計なものは一切配合されていません。

1本(3.5g)で緑黄色野菜約50g分を補うことができます

苦みはなくケール独特の甘みがやや感じられ、ケール青汁にしては飲みやすい味です。

1日のランニングコストが100円を下回っていますので、続ける負担も軽いでしょう。

品質・価格・味のどれも申し分ないでしょう。

価格とランニングコスト
  毎月お届けコース(3.5g×30本入り)
値段(税込) 2,916円
初回(税込) 2,916円
1日のランニングコスト 97円
送料 無料
最低利用期間 なし

1位の理由

「青汁と言ったらキューサイ」というほど、青汁メーカーとして有名です。

キューサイの青汁は、どれも品質に徹底的にこだわられています。

キューサイの青汁はどれも国産ケールが主原料として使われているので、青汁はケールを摂りたいという人に良いでしょう。

味よりも栄養成分の豊富さを重視したいという方にキューサイはおすすめです。

種類は様々ですが、どれもお財布に優しい価格が実現されています。

自社の分析研究所を持っていて、しっかり品質検査がなされているので信頼がおけるでしょう。

2位 ヤクルト

ヤクルト国産ケール青汁パッケージ

続いて第2位はヤクルトです。

特徴についてみてみましょう。

ヤクルトの特徴

  • 朝摘み・生搾り製法
  • 農薬・化学肥料は不使用
  • 香料・着色料・保存料無添加
  • 自社工場で徹底した管理がなされている
  • 全国のドラッグストアで購入できる

大手飲料メーカーのヤクルトからは、様々な種類の青汁が出ています。

ヤクルトの青汁は、どれも評判が良く人気です。

ヤクルトの青汁は、すべて畑から工場まで一貫製造されています。

鮮度を保つために朝に摘んで新鮮なまま工場に運んでいるのです。

そして工場で生葉を丁寧に搾り汁し、極力熱をかけずに粉末化しています。

ヤクルト青汁の主原料は契約農家で栽培されており、農薬・化学肥料は不使用です。

香料・着色料・保存料は無添加ですのでお子さんからご年配の方まで安心して摂ることができるでしょう。

ヤクルトの自社工場は、健康食品GMPの適合認定を取得しており徹底した管理体制がひかれています。

全国のドラッグストア・薬局・薬店・スーパー等で購入できるのも便利でしょう。

ヤクルトのおすすめ青汁

私の青汁パッケージ

ヤクルトのおすすめ青汁は、「私の青汁」です。

苦味や臭み、クセがないので飲みやすいです。

クセや変な甘さもないので、牛乳で割ったりお料理に使うなどのアレンジもしやすいでしょう。

「私の青汁」はシンプルに大麦若葉のみで作られた青汁ですので、余計なものを摂りたくないという人におすすめできます。

大麦若葉にはβカロテンやミネラルの一種であるカリウムや鉄分が豊富に含まれており、栄養成分は申し分ないでしょう。

価格がとても安いのも魅力です。

価格とランニングコスト
  通常(30袋入り) 通常(60袋入り)
価格(税込) 1620円 2700円
1日のランニングコスト 54円 45円
送料 購入サイトによる

2位の理由

ヤクルトの青汁は、商品のラインナップが豊富です。

国産大麦若葉のみで作られた青汁や国産ケールのみで作られた青汁らしい青汁もあれば、フルーツが配合されたスムージーのように飲みやすい青汁も出ています。

ヤクルトの青汁は基本的に高品質なので、どれを選んでも安心安全です。

価格もどれもお手頃ですので、摂りたい素材で選ぶのが良いでしょう。

ケールが良いか大麦若葉が良いのか、どちらも摂りたいのか配合されている成分に注目してみてください。

3位 ファンケル

ファンケル

続いて第3位はファンケルです。

特徴は以下の通りです。

ファンケルの特徴

  • 研究から栽培、製造、販売まで一貫管理
  • ミネラル農法を採用
  • ファンケルマイルドテイスト製法
  • 植物性ツイントースを配合
  • 化学農薬不使用で無添加

無添加化粧品や健康食品を販売しているファンケルからも青汁が出ています。

生き生きとした毎日の健康を作るために研究から栽培、製造、販売までを一貫して管理しているのです。

原料のケールが青汁の栄養を大きく左右します。

野菜本来の力を最大限に引き出すために、健康な土壌で栽培するミネラル農法を採用しているのです。

さらにファンケルマイルドテイスト製法で、苦味が少なく甘みがアップしています。

またカルシウムなどのミネラルの吸収を高めるために、ファンケル独自の機能成分である植物性ツイントースが配合されているのです。

化学農薬も不使用で、契約農家が丁寧に栽培し国内工場で製造されています。

着色料・食塩・保存料・香料も無添加です。

ファンケルのおすすめ青汁

ファンケルのおすすめ青汁は、「本搾り青汁ベーシック」です。

苦みは全くなく若干の甘さがありますが、どことなく緑の味が感じられます。

牛乳に混ぜて飲んだ場合には、82%の子が美味しかったと答えているほど飲みやすいです。

「本搾り青汁ベーシック」1本には、40gのケール生葉が使用されており1日分の緑黄色野菜を摂ることができます

素材はケールのみという、シンプルな青汁です。

価格も100円を切っており、続けやすいでしょう。

価格とランニングコスト
  毎月お届けコース(30本入り) 毎月3箱お届けコース(90本)
値段(税込) 2,619円 7,044円
初回(税込) 2,619円 7,044円
1日のランニングコスト 87円 78円
最低利用期間 なし

3位の理由

ファンケルの青汁は、1杯あたりの野菜量が明確です。

製品1杯あたりでどのくらいの栄養が補えるのか、パッケージできちんと確認することができます。

また、コップに溶かした時の色が濃いのも特徴で、これはクロロフィルやカロテンが多く含まれている証拠なのです。

毎日続けるために安心安全にももちろんこだわられています。

原材料や野菜の種類、その産地までしっかり記載されており確認できるので安心できるでしょう。

青汁以外のファンケル製品を購入している人は、お届けコースで上手にポイントを貯めることができます

ファンケルの「本搾り青汁ベーシック」について詳しくはこちら↓

ファンケル「本搾り青汁ベーシック」の魅力!1本で1日分の緑黄色野菜が摂れる!

4位 大正製薬

大正製薬

続いて第4位は大正製薬です。

特徴についてみてみましょう。

大正製薬の特徴

  • トクホを取得している
  • 目的別に選ぶことができる
  • 期待できる効果がはっきりしている
  • 血糖値やコレステロールの数値の改善を目指せる大正製薬独自の超微粉砕製法

ワシのマークで有名な大手製薬会社の大正製薬からも、青汁が出ています。

3種類の青汁が出ており、どれもトクホを取得しているのです。

大正製薬の青汁は、目的別に選ぶことができます

LDLコレステロールが気になる方は、「ヘルスマネージ大麦若葉青汁 <キトサン>」。

食後の血糖値が気になる方は、「ヘルスマネージ大麦若葉青汁 <難消化デキストリン>」。

日々の野菜不足が気になる方は、「からだ環境青汁」がおすすめです。

それぞれに期待できる効果がはっきりしているので選びやすいでしょう。

健康診断で血糖値やコレステロールの数値を指摘された方は、健全な数値を保つために日々の食生活を見直すことが大事です。

その食生活のサポートとして、数値の改善にも大正製薬の青汁は役に立ちます

特許製法の超微粉砕製法で作られており、栄養素が余すことなく青汁になっているのです。

大正製薬のおすすめ青汁

からだ環境青汁

大正製薬の青汁は先に紹介した通り、目的によって選ぶべき青汁が異なります。

ここでは野菜不足が気になる方向けの「からだ環境青汁」についてご紹介しましょう。

からだ環境青汁」は、苦みやクセのない漢方のお茶という感じに飲むことができます。

青汁素材は大麦若葉、甘藷若葉、ケールという3種類の若葉が配合されており、栄養バランスが優れているのです。

さらに高麗人参やウコン、ドクダミなど15種類の健康素材が配合されています。

古くから製薬研究を行なっている大正製薬ならではの青汁でしょう。

価格とランニングコスト
  毎月お届けコース(30袋入り)
値段(税込) 4,680円
初回(税込) 1,080
1日のランニングコスト

156円(初回 36円)

送料 無料
最低利用期間 なし

4位の理由

日々の野菜不足を補いたいだけでなく、健康診断で気になった問題を解決したい方は大正製薬の青汁が選びやすいでしょう。

販売されている3種類の青汁は、どれも特定健康用食品(トクホ)として認定されている青汁です。

配合されている素材は、もちろん無農薬で作られています。

清らかな水と優れた大地にある契約農家さんが土作りからこだわって育てた素材が使われているのも魅力です。

3種類とも小包装の粉末タイプなのですが、水に溶けやすく口当たりも滑らかな青汁に仕上げられています。

まとめ

  • キューサイの青汁は、品質の高い国産ケールにこだわられている
  • ヤクルトの青汁は、商品のラインナップが豊富
  • ファンケルの青汁には、ファンケル独自の機能成分である植物性ツイントースが配合されている
  • 大正製薬から出ている3種類の青汁は、どれもトクホを取得している

ここに紹介した青汁メーカーは、どれも品質が高いです。

メーカーごとにそれぞれのこだわりがあり、それぞれに魅力があります。

大手メーカーならではでどこもサポート体制もしっかりしているので、安心して購入することができるでしょう。

青汁は有名な大手メーカーから選びたいという方は、このランキングを参考にして見てください。

スポンサーリンク

\ シェアしてください /

青汁ランキング【記事】

本格おすすめフルーツ青汁ランキング 1

正直なところ、フルーツ青汁はどれを選んでも大差ないでしょう。 しかしあたりまえですが、全く一緒なわけ ...

おすすめ青汁ゼリーランキング 2

健康や美容に青汁はとても役立ちます。 しかしながら、今までの青汁飲料は苦くてまずいので続けることが困 ...

ステラの贅沢青汁 3

粒・錠剤タイプの青汁サプリは、野菜不足を手軽に補えるとして人気です。 青汁の味が苦手な方や、面倒くさ ...

生青汁の商品写真 4

ダイエットをしたい方におすすめの青汁は、酵素入りの青汁です。 そこで今回は、酵素入り青汁ランキングを ...

乳酸菌ミドリムシ 5

ユーグレナ(ミドリムシ)のパワーは世界中で話題沸騰中です。 しかし話題沸騰中だからこそ、ユーグレナ( ...

6

日々の野菜不足を効率的に補うためには、青汁が便利です。 しかしどうしても青汁が苦手だという人は、野菜 ...

-青汁おすすめランキング

Copyrighted Image

Copyright© ハロー!青汁 , 2018 AllRights Reserved.