青汁の効果と効能(栄養成分)

オリゴ糖入り青汁の効果について!乳酸菌とオリゴ糖の役割の違いは?オリゴ糖は善玉菌のエサとなり腸内環境を整える!

更新日:

青汁を検討中のみなさま、腸内環境は良好ですか?

腸内の善玉菌、悪玉菌のバランスが乱れると、辛い便秘や重大な疾患につながる場合があります。

最近スッキリしないなぁと感じている方は、腸内環境を整える習慣をつけましょう。

そこで今回は、オリゴ糖入り青汁の効果について見ていきたいと思います。

オリゴ糖には整腸作用があるとされています。

混同されがちな乳酸菌との役割の違いも確認してきましょう。

オリゴ糖入り青汁はどんな人におすすめ?

オリゴ糖入りの青汁は、腸内環境を整えたい方におすすめです。

特に注目すべきは便秘がちな方ですが、それ以外にも、腸内環境が悪いとダイエットが上手くいかなかったり、肌トラブルが増えたり、免疫が下がったりと悪いことばかり起きてしまいます。

腸内環境の改善には食事の見直しが必要ですが、忙しい日々の中で毎日献立に悩んでいては返ってストレスになるでしょう。

オリゴ糖入りの青汁なら、現代人が不足しがちな青野菜の栄養と腸内環境をサポートする成分を同時に摂ることができます。

また、青汁の風味が苦手な人でも、オリゴ糖の甘みが加わることで美味しく飲めるようになりますので大変おすすめです。

オリゴ糖の基本的なコト

それではまず、オリゴ糖の基本的なコトを確認してみましょう。

オリゴ糖って何?

オリゴ糖とはいったい何なのでしょうか?

オリゴ糖の簡単な説明は以下の通りです。

「糖質のうち、最小単位である単糖が2個から10個程度結びついたもので、少糖とも言う。

低消化性(低エネルギー)で、整腸作用や腸内細菌を増やす作用などが知られている。」

「砂糖を原料に酵素を作用させて作られるフラクトオリゴ糖や、大豆から天然成分を抽出・分離させた大豆オリゴ糖、乳糖にβ-ガラクトシダーゼを作用させたガラクトオリゴ糖などが代表的です。

ビフィズス菌などの善玉菌と呼ばれる腸内細菌の栄養源となってそれらを増やす効果があり、特定保健用食品として認められています。

またトレハロース・パラチノースは、むし歯になりにくいことや消化されにくくエネルギーとして使われにくいことから、代替甘味料としてよく使われています。」

<引用:オリゴ糖/e-ヘルスネット 情報提供/厚生労働省/生活習慣病予防のための健康情報サイト

オリゴ糖はその名の通り、糖の一種なのですね。

特定保健用食品としても認められているため、その効果もお墨付きということです。

代表的なオリゴ糖はこれ

オリゴ糖と言ってもいくつかの種類があります。

今回は、その中でも比較的身近なものを見ていきましょう。

オリゴ糖の代表例

以下は、代表的なオリゴ糖を表にしたものです。

名称 原料
フラクトオリゴ糖 ショ糖
ガラクトオリゴ糖 乳糖
ラクトスクロース ショ糖、乳糖
イソマルトオリゴ糖 デンプン
キシロオリゴ糖 コーン軸中のキシランなど
イヌロオリゴ糖 チコリー中のイヌリン
ラクツロース 乳糖
大豆オリゴ糖 大豆ホエー
ラフィノース(ビートオリゴ糖) テンサイ糖蜜

これらのオリゴ糖は、わたしたちの比較的身近にあるものばかりです。

身近なオリゴ糖の効果

これらのような身近なオリゴ糖について、詳しくは以下を参照しましょう。

「これらのオリゴ糖は、私たちが日常食べている穀類や野菜、果物、ヨーグルトや味噌などの発酵食品にも含まれています。

また、ここに挙げたオリゴ糖の多くは、小腸でほとんど消化吸収されないので血糖値の高い方でも心配ありません。

それではカロリー値はゼロと思われるかもしれませんが、デンプンや砂糖の半分あります。

ビフィズス菌がオリゴ糖を食べると酢酸や乳酸を出し、これが吸収されてエネルギーになるためです。

実は、ビフィズス菌の出す酸の働きで、私たちの腸はとても健康な状態に保たれます。

一方、ビフィズス菌は食物繊維をあまり栄養にすることはできません。

食物繊維の整腸効果は、主に腸で体積が膨らむことと、酸の作用で便通が良くなるものなので、オリゴ糖と組み合わせるとさらに効果が期待できます。

<引用:お砂糖豆知識[2004年10月]/農畜産業振興機構

オリゴ糖は、日々の食事で摂ることが可能なので、意識的に摂るようにしましょう。

砂糖と同様に甘味があるにもかかわらず、カロリーを半分程度に抑えられるというのは嬉しいですね。

砂糖の代用品としては、大変優秀です。

食物繊維との相乗効果も、慢性的な便秘に悩む方には有り難いでしょう。

ちなみに、ビフィズス菌とは乳酸菌の一種であり、その他の乳酸菌と同様に善玉菌と呼ばれています。

腸内の善玉菌はビフィズス菌が大部分を占めていることから、ビフィズス菌を増やすことが腸内環境を整えることに直結すると言えるでしょう。

乳酸菌と何が違うの?

次に、混同されがちな乳酸菌とオリゴ糖の役割の違いを確認してみましょう。

それぞれを摂取した場合に生じうるデメリットも見てみます。

  • 乳酸菌とオリゴ糖の役割の違い
  • 乳酸菌とオリゴ糖のデメリット

それでは見てみましょう。

乳酸菌とオリゴ糖の役割の違い

乳酸菌とオリゴ糖は、どちらも善玉菌を増やし腸内環境を整える効果がありますが、体内での働きにはそれぞれ違いがあります。

簡潔に言うと、以下の通りです。

  • 乳酸菌は善玉菌として腸内環境を整える
  • オリゴ糖は善玉菌のエサとなり腸内環境を整える

乳酸菌は、生きたまま腸に届くことで腸内に善玉菌を補充することができると言われています。

しかし、1日2日では効果がありませんので、毎日継続して摂取することが大切です。

また、死んでしまった乳酸菌も決して無駄にはならず、死骸が善玉菌の増殖に貢献してくれるため、生きたまま腸まで届くかどうかは重要視しなくても良いでしょう。

そしてオリゴ糖は、消化吸収されることなく大腸まで運ばれて、善玉菌のエサとなります。

私たちの腸内にもともと存在する善玉菌はオリゴ糖を好みますので、善玉菌に対して的確なエサを与えることでその数を増やすことができるでしょう。

このように、どちらも最終的に善玉菌を増やす点では同じですが、その過程が異なります。

これらは継続的な摂取が効果を高めますので、乳酸菌入りの青汁やオリゴ糖入りの青汁を上手く活用して腸内環境を整える習慣をつけるようにしましょう。

乳酸菌とオリゴ糖のデメリット

乳酸菌とオリゴ糖を摂ることのメリットは以上の通りです。

では、デメリットはないのでしょうか?

  • 乳酸菌の副作用はほとんどなし
  • オリゴ糖は下痢を起こす可能性あり

乳酸菌は、安全性が高く副作用はほとんどありません。

たまに下痢を心配する方もいますが、乳酸菌は下痢の改善にも役立つことが報告されていますので安心して良いでしょう。

一方オリゴ糖も基本的には安全ですが、腸内の細菌がオリゴ糖に慣れていないと過剰反応を起こしてしまう可能性があります。

そのため、オリゴ糖を急にたくさん摂取してしまうと、下痢や腹部の膨満感を引き起こすことがあるでしょう。

このようなトラブルを回避するには、1回あたりの摂取量を少なくして少しずつ体に慣らしていくことが大切です。

オリゴ糖入りの青汁は、腸内環境を整えるうえで大変役立ちますが、オリゴ糖に馴染みのない方は体質に合うかどうかご確認のうえで利用しましょう。

オリゴ糖についてよくある質問

上記の他にも、オリゴ糖についてよくある質問をまとめました。

気になる点がありましたら確認しましょう。

  • オリゴ糖が摂れる食品について
  • 乳酸菌とオリゴ糖の同時摂取について
  • オリゴ糖の加熱について
  • オリゴ糖の摂取目安量について

それでは見ていきます。

オリゴ糖はどんな食品に含まれているの?

「オリゴ糖は、大豆・たまねぎ・ごぼう・ねぎ・にんにく・アスパラガス・バナナなどの食品にも多く含まれていますので、これらの食材を食事に取り入れると良いでしょう。

また特定保健用食品などとして市販されていますので、効率的に摂取するにはこれらを利用するのもひとつの方法です。」

<引用:腸内細菌と健康/e-ヘルスネット 情報提供/厚生労働省/生活習慣病予防のための健康情報サイト

乳酸菌とオリゴ糖は一緒に摂ってもいいの?

乳酸菌とオリゴ糖は一緒に摂っても問題ありません。

ただし、どんなものでも過剰摂取は危険です。

飲み合わせに問題がなくても、一度にたくさんの量を摂取すると腸内細菌を驚かせてしますので注意しましょう。

オリゴ糖入り青汁はホットでも飲める?

オリゴ糖入り青汁は温めて飲むこともできます。

ただし、オリゴ糖以外の成分が熱に弱い場合もあります。

オリゴ糖の整腸効果は熱に左右されませんが、その他の成分については各青汁の公式サイトにて加熱可能か確認しましょう。

オリゴ糖はどのくらい摂っていいの?

「市販されているオリゴ糖製品の有効摂取量は、一日あたり2~10グラムです。

しかしオリゴ糖を急に摂取すると下痢を起こしたり、おながか張ったりすることがあります。

このような場合には1回の量を2~3回に分けて摂取する、または1日あたりの摂取量を減らして数日間かけてもとの摂取量に戻すという方法があります。」

<引用:腸内細菌と健康/e-ヘルスネット 情報提供/厚生労働省/生活習慣病予防のための健康情報サイト

まとめ

  • オリゴ糖入り青汁は便秘がちな人におすすめ
  • 肌ケアやダイエットサポート、免疫向上にも良い
  • オリゴ糖入り青汁は甘みがあり比較的飲みやすい
  • オリゴ糖と乳酸菌はどちらも善玉菌を増やす整腸効果あり
  • オリゴ糖と乳酸菌はどちらも安全性が高い
  • オリゴ糖は慣れていないと下痢になることがある

オリゴ糖には、乳酸菌と同様に整腸効果があります。

安全性が高く特定保健用食品としても認められていますが、多量の摂取は下痢を引き起こすので注意しましょう。

オリゴ糖入り青汁は、現代人の不足しがちな青野菜の栄養を補給できるうえに、整腸作用のある成分を同時に摂れる便利な青汁です。

通常の青汁の風味が苦手な方にも、オリゴ糖の甘さにより比較的飲みやすくなっているので良いでしょう。

腸内環境のケアは、健やかな生活を送るために必須ですので、オリゴ糖入り青汁で毎日のスッキリをサポートしましょう。

 

スポンサーリンク

\ シェアしてください /

青汁ランキング【記事】

本格おすすめフルーツ青汁ランキング 1

正直なところ、フルーツ青汁はどれを選んでも大差ないでしょう。 しかしあたりまえですが、全く一緒なわけ ...

おすすめ青汁ゼリーランキング 2

健康や美容に青汁はとても役立ちます。 しかしながら、今までの青汁飲料は苦くてまずいので続けることが困 ...

ステラの贅沢青汁 3

粒・錠剤タイプの青汁サプリは、野菜不足を手軽に補えるとして人気です。 青汁の味が苦手な方や、面倒くさ ...

生青汁の商品写真 4

ダイエットをしたい方におすすめの青汁は、酵素入りの青汁です。 そこで今回は、酵素入り青汁ランキングを ...

乳酸菌ミドリムシ 5

ユーグレナ(ミドリムシ)のパワーは世界中で話題沸騰中です。 しかし話題沸騰中だからこそ、ユーグレナ( ...

6

日々の野菜不足を効率的に補うためには、青汁が便利です。 しかしどうしても青汁が苦手だという人は、野菜 ...

-青汁の効果と効能(栄養成分)

Copyrighted Image

Copyright© ハロー!青汁 , 2018 AllRights Reserved.