青汁の飲み方と購入ガイド(注意点)

青汁とサプリメントの比較!健康維持のためには青汁がおすすめ!

更新日:

健康維持のために青汁が飲みたいけど、他のサプリメントも体に良さそう。

結局、どっちを飲んだ方が健康に良いかわからない。

そんなふうにお悩みではないですか?

そんな方のために、今回は青汁とサプリメントの比較をしていきましょう。

体のために良いのは青汁とサプリメントどちらでしょうか?

そして、2つの特徴を併せ持つ青汁サプリもご紹介します。

Aojiru vs supplement

「青汁」と「サプリメント」のおすすめポイント

結論から言うと、青汁の方がおすすめです。

比較する上で大切なのは以下の通りです。

  • 野菜不足や栄養バランスを補いたいなら「青汁」
  • 特定の栄養素を重点的にとりたいなら「サプリメント」

それでは詳しく見ていきましょう。

野菜不足や栄養バランスを補いたいなら「青汁」

健康維持のためにまず必要なのは、バランスよく食事をとることです。

厚生労働省の情報によれば、私たちが食べるべき野菜は1食につき1皿以上、1日あたり5皿分が目安とされています。

しかし、この量の野菜は簡単にとれるものではなく、事実、日々の食事で野菜が不足している人はとても多いです。

そこで、そんな野菜不足による栄養バランスの乱れを補うために便利なのが、青汁なのです。

青汁は主にケール大麦若葉明日葉桑の葉のような野菜が原材料になっており、それらにはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

野菜不足を解消して栄養バランスを補うには、野菜のチカラをたっぷりととれる青汁がとてもおすすめです。

特定の栄養素を重点的にとりたいなら「サプリメント」

サプリメントは青汁と違い、特定の栄養素を重点的に摂りたい方におすすめです。

具体的に摂りたい栄養素が定まっている方は、青汁ではなくサプリメントを利用している場合が多いでしょう。

しかし、先ほどもお伝えしたように、健康維持のために必要なことはバランスの良い食事です。

食事さえ気をつけていれば、特定の栄養素が極端に足りなくなることはありません。

逆に、特定の栄養素だけを意識していると栄養バランスが偏りやすく、栄養過多やそれ以外の栄養が不足状態に陥る可能性もあります。

また、複数のサプリメントを組み合わせて栄養バランスを補おうとする方もいますが、飲み合わせが悪いと予期せぬトラブルに発展しますので注意が必要でしょう。

「青汁」の特徴

続いては個別に見ていきましょう。

まずは「青汁」の強みと欠点について簡単にお話しします。

強み

  • 栄養バランスが良い
  • 添加物が少ない
  • 満足感が得られる

青汁の原材料は、主にケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉のような野菜です。

このようなビタミンやミネラルが豊富な野菜を使うことで、青汁は高い栄養バランスを保持することができています。

また、青汁は添加物が少ない点も大きな魅力です。

青汁はサプリメントのようにカタチを形成する必要がないので、比較的、添加物が少なくすみます。

よって、添加物が気になる方はサプリメントではなく青汁の方が安心できるでしょう。

そして、青汁を飲むという行為は、体だけでなく気持ちにも影響を及ぼします。

私たちは「食べる」という行動に満足感を得ますので、青々とした青汁を飲む習慣は、私たちに野菜を食べた時のような充足感やお腹を満たす満足感を与えてくれるのです。

「体に良いことをした」という感覚が強くなりますので、体の内側から元気がでるのを感じられるでしょう。

欠点

  • 特定の栄養素を選べない
  • 風味が独特で飲みにくい
  • 手間がかかって続けにくい

青汁の欠点は、特定の栄養素を選べないことです。

原材料が野菜であるため、その中から特定の栄養を選択してとるということはできません。

また栄養価の高い野菜は強い苦味やニオイを持つことが多く、それゆえに青汁は独特な風味を持ちます。

そのため特定の野菜のみを原材料にした青汁の場合は、かなり飲みにくいです。

そして、粉末を溶かすタイプの青汁は、意外と手間がかかり続かないこともあります。

しかしこれらの欠点ははちみつなどの甘みを加えた青汁や水溶けの良い青汁を選ぶことで、ある程度まで解消できます。

「サプリメント」の特徴

次に「サプリメント」の強みと欠点について解説します。

強み

  • 特定の栄養素を選べる
  • 味やニオイを感じにくい
  • 手軽で続けやすい

サプリメントは、青汁とは異なり、ビタミンやミネラルなど特定の栄養素を選んでとることができます。

そのため、明確な目的があって、ご自身に栄養が足りないとはっきりわかっている状態であるなら、サプリメントの利用は有効でしょう。

また、サプリメントは内容成分が強い苦味やニオイを伴うものであったとしても、飲む際にその影響はほとんど受けません。

これは、カプセルやタブレットに味やニオイを抑えるコーティングが施されているためです。

そしてサプリメントは、青汁のように割りものや溶かす作業が必要ないので、いつでも手軽に飲めて続けやすいのも大きなメリットでしょう。

欠点

  • 栄養が偏る危険性がある
  • 添加物は青汁より多い
  • 満足感が得られない

特定の栄養素に特化したサプリメントは、栄養不足を補って健康を保つどころか、逆に栄養を偏らせる危険があるので注意が必要でしょう。

1つの栄養素が多くなり過ぎると、他の栄養素が壊されたり吸収を阻害することもありますし、中毒症状がでて体調を崩してしまう可能性もあります。

大切なのは食事のバランスを見直すことであり、その点で、より食事に近いカタチで野菜をとれる青汁は大いに役立つと言えるでしょう。

また、添加物はカタチの形成などにも必要となり、ものによっては安全性が疑われる添加物を使用している場合があります。

これに関してはそれぞれの原材料をご自身で確認し、安全なものであるか調べる必要があるでしょう。

そして、サプリメントでは青汁のように「食べている」「飲んでいる」というような感覚が少ないので、手軽にとれる分、充足感や満足感は得にくいでしょう。

お悩み解決!青汁サプリ

青汁にもサプリメントにも、それぞれメリットとデメリットがあります。

それらを踏まえた上でも青汁をおすすめしますが、それでも納得いかない方もいるでしょう。

そこで、そんな方にご紹介したいのが、青汁サプリです。

青汁サプリは青汁をタブレット状にした形成した粒青汁で、青汁とサプリメントの中間的存在です。

簡単に、青汁サプリの特徴をお伝えしましょう。

青汁サプリの特徴

  • 栄養バランスが良い
  • 添加物が少ないものが多い
  • 青汁独特の風味やニオイを感じにくい
  • 手軽で続けやすい

青汁サプリは、青汁と同様にケールや大麦若葉、明日葉、クロレラなどがメインの原材料となっています。

そのため、青汁と同じように高い栄養バランスを持っているのが特徴です。

また、添加物においても青汁と同じように、できるだけ不要なものは入れないよう配慮されているものが多くあります。

特に「ステラの贅沢青汁」においては、不要なものは一切いれないシンプルな作りになっているので、安心して良いでしょう。

ステラの贅沢青汁

ご購入はこちらから

ステラの贅沢青汁

そして青汁サプリの最大のメリットは、青汁を途中でやめてしまう最大の理由でもある、あの独特な風味とニオイがかなり抑えられているところです。

手間もかからず水さえあれば簡単に飲めてしまうので、続けやすいです。

「青汁」と「青汁サプリ」の比較

それでは、「青汁」と「青汁サプリ」のそれぞれの代表商品を詳しく比較してみましょう。

値段とランニングコスト

代表商品として、青汁は「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>」、青汁サプリは「ステラの贅沢青汁」を比較しましょう。

以下、青汁は「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>」、青汁サプリは「ステラの贅沢青汁」を指すこととします。

  ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<難消化性デキストリン> ステラの贅沢青汁
定期便初回(税込) 1,080円 980円
定期便(税込) 4,104円 3,076円
一日のランニングコスト 約137円(定期便) 約103円(定期便)
最低利用期間 なし なし

価格は、青汁サプリ「ステラの贅沢青汁」の方が圧倒的に安いです。

ランニングコストの低さは、長く飲み続けるための大切なチェックポイントなのでよく確認しましょう。

原材料

こちらも、青汁は「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>」、青汁サプリは「ステラの贅沢青汁」で比較します。

以下、青汁は「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>」、青汁サプリは「ステラの贅沢青汁」を指すこととします。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<難消化性デキストリン> ステラの贅沢青汁
大麦若葉末 クロレラ
抹茶 ケール
緑茶抽出物 長命草粉末
水溶性食物繊維(難消化性デキストリン) --

上記、青汁と青汁サプリの大きな違いは、原材料となる野菜の選び方です。

青汁で使用している大麦若葉は、青汁の定番素材ですが、味やニオイのクセが強くなくて飲みやすいと人気です。

そしてこの青汁は、抹茶と緑茶で味と香りを上品に仕上げる工夫がされ、飲みやすさに配慮された作りになっています。

一方、青汁サプリの原材料は、クロレラ、ケール、長命草といったクセが強い素材が多いです。

青汁サプリには、青汁では飲みにくいような野菜も、味やニオイを気にせず簡単に飲めるという強みがあります。

また気になる添加物についてですが、どちらも添加物なしでかなり優秀です。

ちなみに、青汁の原材料にある難消化性デキストリンについては、水溶性食物繊維であり添加物ではありません。

このように、青汁や青汁サプリを飲む際には、必ず原材料や添加物の有無を確認し、安全性の高いものを選ぶことが大切です。

まとめ

  • おすすめはサプリメントよりも、青汁
  • 健康維持にはバランスの良い食事が絶対条件
  • 青汁は食事に近いカタチで栄養を補える
  • 特定の栄養素にこだわると体調不良に陥る可能性がある
  • 青汁は、添加物が少ないものが多い
  • 青汁は味、ニオイが強く手間もかかることから続けにくい
  • 青汁サプリは、青汁とサプリメントの中間的存在
  • 青汁サプリなら飲みやすくて続けやすい
  • 青汁サプリは青汁と同様の栄養バランスをもつ

健康維持を目的として不足しがちな栄養を補いたい場合は、サプリメントよりも青汁をおすすめします。

健康維持には、あくまでも食事から栄養をバランスよくとることが大切なので、より食事に近いカタチで栄養を得られる青汁は大変便利です。

特定の栄養素に特化したサプリメントの場合は、栄養の偏りにより体調を崩す恐れもありますので注意しましょう。

また青汁には添加物が少ないものが多く、比較的安心して飲むことができます。

しかし、味やニオイを感じやすく、割りものを用意して溶かす手間などを踏まえると継続性はやや低いです。

そこでおすすめしたいのが、青汁とサプリメントの特徴を併せ持つ青汁サプリです。

青汁サプリなら、青汁の継続性の低さを解消し、なおかつ青汁と同様に、野菜不足による栄養バランスの乱れをしっかりとサポートしてくれます。

青汁と青汁サプリは、ご自身のライフスタイルやお好みに合わせて選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク

\ シェアしてください /

青汁ランキング【記事】

本格おすすめフルーツ青汁ランキング 1

正直なところ、フルーツ青汁はどれを選んでも大差ないでしょう。 しかしあたりまえですが、全く一緒なわけ ...

おすすめ青汁ゼリーランキング 2

健康や美容に青汁はとても役立ちます。 しかしながら、今までの青汁飲料は苦くてまずいので続けることが困 ...

ステラの贅沢青汁 3

粒・錠剤タイプの青汁サプリは、野菜不足を手軽に補えるとして人気です。 青汁の味が苦手な方や、面倒くさ ...

生青汁の商品写真 4

ダイエットをしたい方におすすめの青汁は、酵素入りの青汁です。 そこで今回は、酵素入り青汁ランキングを ...

乳酸菌ミドリムシ 5

ユーグレナ(ミドリムシ)のパワーは世界中で話題沸騰中です。 しかし話題沸騰中だからこそ、ユーグレナ( ...

6

日々の野菜不足を効率的に補うためには、青汁が便利です。 しかしどうしても青汁が苦手だという人は、野菜 ...

-青汁の飲み方と購入ガイド(注意点)

Copyrighted Image

Copyright© ハロー!青汁 , 2018 AllRights Reserved.